健太君とその仲間たち

算数の時間5




瞳先生としては2分と6分の半分、4分と答える人がいないと困ります。そう答えてもらえそうなのは幸子さんなので、幸子さんを指名します。「幸子さん、どうですか。」
幸子さんは瞳先生の期待に応えます。「600wは900wと300wの半分なので、たぶん、時間も半分になるはずだから、2分と6分の中間、4分じゃないかしら。」瞳先生は満足そうです。幸子さんような存在は絶対に社会に必要だと瞳先生は信じています。

健太君は不満そうです。「前も、瞳先生は同じような問題を出して、答えは半分じゃなかったことがあった。」この言葉に刺激されて、優君が必死に考え始めます。健太君が言う前は、幸子さんと同じ答えだったからです。

健太君が電子レンジについて、ちんぷんかんぷんなことを言い出します。「大体、900wなんていう電子レンジはあるのか。うちの電子レンジは600wと500wだぞ。」瞳先生が健太君に質問します。「それじゃあ、600wを使った場合と500wを使った場合では調理時間はどれくらい違うの。」「冷凍食品の袋に書いてあって、昨日見たかぼちゃだと、一袋、確か500wだと8分20秒で、600wだと7分だったぞ。」「よく覚えているわね。」健太君が自慢そうに、顔を赤らめます。実はお母さんに内緒で、カボチャを食べようとして、見つかって、怒られていたのです。「では、500wだと8分20秒(8.4分)で、600wだと7分は比例しているかしら。500wで8分20秒を割れば、1w=0.0168分。600wで7分を割れば、1w=0.011667となっています。比例していませんよね。幸子さんの間違えは同じ冷凍食品を温めるんだったら、ワット数と時間は比例するはずだと勘違いしたからなの。」

先生の説明は続きます。

ワット=電力 は単位時間当たりの電力の大きさを示す値のこと。けど、冷凍食品を温めるために必要なのは電力と時間を掛けた電力量なの。

電力×時間=電力量 という数式に当てはめると この電力量が、例えば、冷凍カボチャを美味しく食べるための調理に必要なものということになるのね。

500wだと8分20秒(8.4分)の電力量は
    500w×8.4m /60m =70w/h (1時間当たり70wの電力量)

600wだと7分の電力量は
    600w×7m /60m =70w/h (1時間当たり70wの電力量)

「つまり、健太君の家にあった冷凍カボチャを美味しくいただくための電力量は1時間あたりに直すと70wだということなの。」

「それでは幸子さん、もう一度、最初の問題に戻って、回答してくれる。」

幸子さんは答えます
「900wで調理に2分かかる冷凍食品の必要とする電力量は
    900w×2m /60m =30w/h (1時間当たり30wの電力量)
300wで調理に2分かかる冷凍食品の必要とする電力量は
    300w×6m /60m =30w/h (1時間当たり30wの電力量)

600wで調理にa分かかる冷凍食品の必要とする電力量は
    600w×am /60m =30w/h (1時間当たり30wの電力量)
この式からa分を求めればよいので、
    600w÷=30w/h ×60m=am=3m 3分です。」

「そうですね。先生はこの問題は好きではありません。もし、問題8が“900wで調理に2分かかる冷凍食品を600wで調理したら何分かかるでしょうか?”と言う問題にしたら、幸子さんも間違えることはなかったでしょう。余計な“300wで行ったら6分かかりました。”ということを問題を入れ込んで、回答者を迷わせようとしたのですね。フエアではありません。ある意味、卑怯です。」

このころになって、優君がやっと正解にたどり着いたようです。「これは分かったけど、もう一つ、しっくりこないな。先生、同じような問題がないのかな?」

「そうねえ。[問題3]で考えてみましょう。[問題3]ではA君は20分かけて、家から駅に歩いて向かい。お兄さんは12分かけて、駅から家に自転車で向かいましたよね。その時、A君の歩く速度は1分間に90m、お兄さんの乗った自転車の速度は150mです。ではA君のお父さんが1分間に120mの速度で、家から駅に歩いて、向かったら何分かかるでしょう。という問題を出したら、どうでしょう。120m/分と言うのは、ちょうど、90m/分の中間なので、かかる時間も、その中間と考えたら、答えは (20分+ 12 分」/ 2 =16分 16分と言うことになるけれど、それではお父さんが歩いた距離はA君の歩いた距離やお兄さんが自転車で走行した距離1800mよりの大きくなるの。計算してみましょう。お父さんが歩いた距離は
 120m × 16分= 1920m となって120mも駅よりも先にいてしまうことになるのね。
ここでの数式は 測度×速さ=距離と言うことになるわ。」


トップページに戻る




Y-FP Office Japan by Idea21 Ltd.