享徳の乱6


秩父山野での戦い
「都鄙合体(とひがったい)」が成立するまでの2年余りの間、秩父の山野では、ここを地盤とする長尾景春と大田道灌軍の戦が続く。和議交渉が行われ始めたたことで、一時、鉢形城を囲んだ道灌軍に対して、8000騎もの軍勢で、景春支援に動いた古河公方も、両者の対決、さらに言えば、景春の劣勢に対しても積極的に動くことが無くなったのである。古河公方の幕府から認められた鎌倉公方の地位に戻りたいという気持ちが何よりも優先されたのであろう。さらに一方の山内、扇谷両上杉家も和議交渉の進展とともに古河公方軍との交戦を控えるようになった。だから、戦いは扇谷上杉家の家宰大田道灌と山内家の元家宰職を父に持つ長尾景春、および彼を支持する諸勢力との争いになったのである。

大田道灌はまず、相模で景春を支援する勢力の掃討戦を開始する。目標は小机城の矢野兵庫助と小沢城の金子掃部である。特に小机城の矢野兵庫助は積極的に行動を起こしていた。
兵庫助は道灌に敗れて、敗走してきた豊島泰経を自分の庇護のもとに置くと、武蔵に積極的に進出し始めたのである。そして最初の目標として、大田側の拠点である川越城に奇襲をかけた。この時、道灌は急きょ、資忠率いる傭兵部隊を支援に回す。資忠の軍と矢野軍は勝原(埼玉県入間郡)」で偶然、遭遇し、戦いに入る。この戦いは。資忠軍の奮戦で、なんとか撃退できたのであるが、侮りがたい存在になっていた。

大田道灌は兵を整えると両城の攻撃に入る。小机城は小高い山城だが、それほどの険しさはない。だが兵の士気は高い。一方、小沢城は多摩丘陵の先端に位置し、鎌倉街道の矢野口の渡しを抑える交通の要衝で、丘のふもとを三沢川が流れる要害の地である。小沢城は攻めるに難しい城であるが、兵の数は少ない。道灌はまず、小沢城から攻撃をする。道灌は当初の混乱期にこの小沢城を攻撃したことがある。少数の兵と侮ったこともあったが、攻めあぐねた。そこに景春の援軍が到着し、道灌はやむなく兵を引いたのである。しかし、今回は前回の轍を踏むことはない。しかも景春が援軍を回せる余裕はない。3月に攻撃に入り、半月ほどの攻防戦の末に、小沢城を落とすことができたのであった。そして、その勢いで小机城を囲む。豊島泰経を大将に据え、士気が高い敵勢も籠城が2か月も続くとさすがに疑心暗鬼が生まれる。当てにする景春軍や古河公方軍の動きはない。そして、ついに力尽きるのである。こうして小机城は落城し、矢野一族の多くが命を落とした。そして、この落城により、豊島泰経は行方知れずになった。矢野兵庫とともに討ち死にしたと言われている。名門豊島氏は滅亡したのであった。

7月に入り、大田道灌は本格的に景春退治の戦に入る。兵を動員して、鉢形城攻撃に向かう。この大田道灌の兵の数に、長尾景春は鉢形城で迎え討つことは出来ないと見た。何よりも、前回の時のように、古河公方軍に動きが無いのである。景春は何度も古河に使者を立てた。しかし、公方の態度は曖昧である。噂は流れてくる。古河公方と上杉家との和議交渉が進んでいるらしいということである。「わしを出汁にして、和議を結ぼうとするのか。」景春は苦虫をかみつぶしたような顔をする。「いつの日か、古河公方が支援に駆け付けてくれるのなら、何か月でも持ちこたえて見せよう。鉢形城はそれだけの名城だ。わしが造った城じゃ。」景春は本丸の下を流れる急流荒川を見下ろす。「だが、援軍が来ぬとなれば、大軍と闘うには開け過ぎた場所じゃ。」そして、部下たちを集めて、こう命じたのである。「大田道灌の軍が到着する前に、一族や家族の者たちをすべて、長尾や塩沢の城に移せ、その時に兵糧や金目の物もすべて運び出せ。残った兵も最後には夜陰に紛れて、秩父の城に移るが、それまでは敵に、大兵がいるように見せておけ。時には、大声で勝どきなどを上げよ。」

大田道灌は軍を進めながら、物見の報告の混乱ぶりに戸惑っていた。それは一時、秩父方面に行軍した部隊が、再び、鉢形城に戻り気勢を上げているというのである。「秩父で反乱でもあったのか。」道灌は首をかしげる。そもそも大田道灌は鉢形城の攻略の難しさを誰よりも知っていた。前回、城を包囲したが、突破口さえ見いだせなかった。もちろん、古河公方軍8000騎の動きで、退去したのであったが、仮に、それが無かったとしても、戦上手の景春と彼を支える長尾軍団が頑強に城に籠り、抵抗したら、同じように退去せざるを得なかったのではないかと思っていた。それほどの名城を景春が手放すとは思えなかった。「やはり、背後から少数精鋭の部隊で、攻めかける以外にあるまい。それも当初の1か月は通常の力攻めをしてからじゃ。」道灌はそう作戦を決めていた。大田道灌は長期戦を覚悟していたのである。だが、ここでの戦で決着するはずだ。道灌はそう考えていた。

しかし、道灌の読みは外れた。道灌軍が鉢形城の周りに防御柵などを取り付け始める従い、城の中の人の気配も小さくなっていったのである。「景春のことだ。どのような手を打ってくるかも分からん。」と様子見をしていた道灌も、部隊を動かして、城の防御の様子を調べさせて、あっけにとられることになる。確かに、旗指物などで、兵がいるように見せかけてはいるが、城には敵兵の姿が消えていたのである。「どこに行った。」道灌は鉢形城を落とした喜びよりも、これから続く、長い景春との戦いを予感して、うんざりとしたものを感じていた。「これからの戦は勝つことが難しい戦になりそうだ。」道灌は景春の顔を思い出していた。そして、体を震わせた。急に山の中から景春軍が襲ってくるように思えたからである。

鉢形城に入った道灌はこの城の攻防のすばらしさを痛感する。五十子の陣城のように背後に弱点を持っていない。しかもここは自然の要害である。さらに五十子にも近い立地だ。ここを拠点にすれば兵を素早く動かすことができる。道灌はこの城がこれからの景春との戦いでも起点となると考えた。「だが、長尾の城を私が奪ってはまずかろう。」道灌は白井館にいる山内上杉顕定を訪ねたのである。

「とりあえず、長尾景春を鉢形城から追い払いました。」「景春めを打ち損じたのか。」顕定は舌打ちをする。「そうではありません。わが軍に恐れを抱いた景春が事前に逃亡したのです。ただ、秩父には長尾の城が幾つも構築されているようです。これから、その一つ一つを制圧していくことになりましょう。さて、それはともかく、顕定様にはぜひ、この白井館から鉢形城に拠点を移していただきたいのです。」道灌は続ける。「何よりも、その地の優位性です。五十子にも近く、防備も優れております。」

顕定は通常、五十子の陣城で過ごすことが多くなっていた。しかし、それでは、背後の防備に不安を感じていた。そして、道灌の言葉に従い、自身の本拠地を鉢形城に移したのである。これによって、道灌も、長尾景春との長期戦のための拠点を秩父の入り口に設けることができたのである。

大田道灌と長尾景春との戦いは2年あまりに渡って続く。圧倒的な兵の数を誇る道灌軍と地の利を生かし、小勢だが、統制のとれた兵を操りだす景春軍との戦いが繰り広げられたのである。

秩父は長尾景春にとっては自らの地である。上杉顕定との戦いを決意して以来、鉢形城をはじめ、この地にいくつもの山城を構築していた。その一つ一つは決して大きなものではなかったが、地の利を生かし、連携網を構築して、大田道灌の軍と対峙したのである。しかし、長尾城が落ち、塩沢城が敵に渡り、次第に、秩父の山の奥へ奥へと追い詰められていった。小さいが景春の最大の拠点となっていた熊倉城が長い籠城戦の末に敗れ、ついに日野城まで敵の手に渡り、景春の秩父での抵抗が終わったのである。

だが、秩父の人たちにとっては、景春こそが自分たちの殿さまであった。だから、景春にまつわる悲しい伝説も数多く残る。その一つに桔梗の前伝説がある。難攻不落の熊倉城を攻めあぐねた道灌軍が城への引き水場所を寺沢の農民から聞き出す。その結果、城は落城するのだが、その際に、景春の側室桔梗の前が「寺沢には桔梗をはやさない。」と言って死んでいったという。以来、秩父の寺沢地区には桔梗が生えていない。




享徳の乱7


大田道灌の死。
長尾景春が秩父の山奥へと逃げ込み。大田道灌の追尾も終わろうとしていたころ、鉢形城では勝利を祝う宴が催されていた。本来なら、長尾景春の乱は山内上杉家の内紛である。だから、山内上杉顕定が率先して、景春退治の軍を起こすべきであったのだが、事実上、扇谷上杉家の家宰、大田道灌にすべてを委ねたのであった。大田道灌に戦略の才能があったことは間違いないことであったが、顕定には、戦いの終わろうとしている今になれば、面白くないことばかりであった。何よりも、大田道灌の軍事力により、山内上杉家と扇谷上杉家との力関係が逆転したことである。そして、そのことが心地よいのか扇谷上杉家の定正が喜色満面の笑みを浮かべていることに、嫉妬にも似た感情が沸き起こったのである。そして、顕定は定正をそばに呼び、自分の不幸を嘆くのである。「噂によれば、景春めは古河公方のところに逃げ込んだという。うち漏らしたことが残念でならない。自分は子飼いの家来に裏切られたのだ。こんな屈辱はない。なんと悲しい時代になったことだ。」そして、手に持ったセンスを少しだけ遠くで談笑する道灌に向けながらつぶやくのである。「おぬしも気を付けるがよい。」

その場では笑ってすませたことであったが、定正は領国相模の糟屋館(神奈川県伊勢原市)に戻り、あたりを見渡すと、家臣たちは大田道灌の顔色を窺う者達ばかりになっていた。顕定の二の舞になるかもしれない。猜疑心が膨れ上がるともう止まらない。「道灌はわしの了解も得ぬままに、豊島の領地などをわがものにしている。顕定殿の言われるように、気を付けたほうが良いかもしれない。これは先手を打つしかない。」

大田道灌は文明18年7月26日、暑い夏の日である。主人扇谷上杉家に呼び出され、命を落とすことになる。暗殺されたのである。しかし、扇谷上杉家は大田道灌と言う天才的な戦略家を失ったことで、その力は急速に衰える。軍事的にも、大田軍を支えていたのは、傭兵部隊だった。だから、大田道灌と言う柱が消えて、瓦解していったのである。そして、重しを失った相模や武蔵では扇谷家の統制が効かなくなった。これまでなら、道灌に命じれば、片が就いた。だが、自分の命令では処理できない現実にぶつかったのである。その時になって初めて、定正は自らの失敗を悟る。悟ると同時に、山内上杉家に騙されたのではないかと言う疑念が膨らんでいくのである。

さて、「都鄙合体(とひがったい)」にもっとも失望したのは堀越公方の足利政知ではなかろうか、幕府から鎌倉公方に任じられて、勇躍して、関東にきたものの、鎌倉にすら入れず、しかも、伊豆からの命令に管領上杉氏さえ従わず、本来、自分のものであるはずの相模の所領も扇谷上杉家に奪い取られたままである。そのような中での、幕府の裁定である。足利政知は伊豆一国の太守に過ぎなくなったのである。実態に合わせたものと言えば、それまでだが、関東一円を支配する地位を夢見てきた人間にとっては、屈辱である。だから、政知は失意の中にいたのである。そして、この時、彼の唯一の希望は、今、京都天龍寺香厳院にいる末子の清晃であった。長享3年3月、室町幕府の9代将軍・足利義尚が死去し、翌年には義政も亡くなって、室町幕府の将軍の座が空位となっていた。そして清晃も後継者候補の1人に挙げられていたのである。ただ、この時は足利義植が10代将軍に迎えられたのであるが、政知は懸命に幕府の陰の実力者日野富子に対して清晃を将軍職に就けるように働きかけをしていたのである。

明応元年、堀越公方足利政知が病没する。後継者には次男の潤童子を指名していた。清晃の兄にあたる。だが、政知には潤童子や清晃とは母を異にする長男がいた。茶々丸である。政知にとっては長男で、当初は幕府からも公方の後継者と認められていたのである。だが、その後、政知と対立し、政知が死亡した時には入牢状態にあった。その茶々丸が政知死亡の混乱に乗じて、脱牢し、兵を集めて、潤童子とその母親を殺害し、政知の後継として、堀越公方の座におさまってしまったのである。

京都では将軍職にまつわる混乱が続いていた。日野富子と将軍足利義植の対立が激しくなった。そして、管領細川政元の手によって、将軍足利義植が放逐され、後継の将軍に清晃が指名されたのである。清晃は名を改めて足利義澄となる。先の堀越公方足利政知の子である。そして、将軍になった義澄から、かつての幕臣である伊勢盛時(のちの北条早雲)に対して、密命が下るのである。「わが母上と兄者を殺したにっくき茶々丸を討ち果たせ。」

伊勢盛時(北条早雲)は将軍の密命に応え、自らの兵200と今川家から借りた300の兵で伊豆の茶々丸征伐の軍を起こす。茶々丸は南伊豆に逃げ、その地の豪族たちを味方に引き入れる。伊勢盛時は地侍たちに訴えるのである。「現将軍の母君と兄潤童子様の敵(カタキ)を討ちはたせ。」将軍の命令と言う言葉は侍たちの心に響き渡ったに違いない。鈴木繁宗や松下三郎右衛門尉、大見の三人衆ら伊豆の豪族たちが盛時のもとにはせ参じ、やがて、多くの伊豆の諸勢力が盛時のもとに集まり、茶々丸を討ち、伊豆一国を制圧することになるのである。

茶々丸を討ち、伊豆一国を制圧したという盛時の報告を聞いた将軍義澄は感情が爆発して、涙を浮かべた。そして、こうつぶやくのである。「そもそも、父、政知は鎌倉公方として、関東一円を支配するために下向したのじゃ。それが堀越公方として、伊豆一国に押し込められたのだ。さぞ、無念であったであろう。盛時、父の無念を晴らすために働け。」

後日、伊勢盛時は北条早雲と呼ばれる。彼は山内、扇谷両上杉家の抗争を利用して、小田原の大森氏を追って、相模へと進出し、将軍の夢を乗せて、関東支配へと向かうのである。

「都鄙合体(とひがったい)」が成り、平和になったかと思えた関東の地は、すぐに血なまぐさい地へと戻る。その引き金となったのは古河公方家の内紛である。古河公方足利成氏が引退し、息子の政氏に職を譲るのだが、成氏が死去すると、嫡男の高基との間で、権力争いが勃発する。この親子の争いが関東の多くの名門家の内紛に繋がっていく。真っ先に起こったのは両上杉家の争いであった。ついにくすぶり続けていた山内上杉家と扇谷上杉家の間で戦が始まったのである。当初、優勢であった扇谷勢も、山内側に越後の軍勢が加わるとあっという間に小田原近郊まで荒らされ、衰退していった。さらに、山内家も越後で、守護代長尾為景が守護上杉房能を殺すという事件が起きて、上杉顕定が長尾為景討伐のために、越後に出陣するのだが、秩父に隠れていた長尾景春に行き手を遮られ、さらに越後の陣中で、討ち死にしてしまうのである。この顕定の死と越後守護上杉家の崩壊は山内上杉家を急速に弱体化させたのであった。そして、他の関東の名門武士団の多くも、古河公方家の紛争に連動し、内部抗争が激しくなり、さらに小弓公方まで戦いに加わるに及んで、収拾がつかなくなるほどに、混乱していったのである。だから、里見氏や佐竹氏のように、その抗争をうまく収束させることができたところもあったのだが、多くは北条氏のような外部勢力を一方が引き入れ、自らを弱体化させていったのである。これ以後、関東の地は越後の上杉謙信(長尾為景の子で、関東管領職を継承し上杉氏を名乗る。)、甲斐の武田信玄、甲斐は古くから鎌倉公方の支配地であり、彼の領国と関東との関係も深かったのである。さらに小田原を拠点に勢力を広げる北条氏と言う関東以外の勢力による草刈り場になったのである。

(完)

トップページに戻る




Y-FP Office Japan by Idea21 Ltd.