享徳の乱5


大田道灌の進撃
大田道灌が箱根を超えて、関東の地に戻ってきたときに、そこは混乱の最中(サナカ)にあった。道灌の主、扇谷上杉定正の消息すら定かではなかった。道灌はまず、扇谷上杉家を支える二つの柱の一つであり、西相模に大きな地盤を持つ大森氏の居城小田原城に入った。情報を分析するためである。道灌にとって、幸いであったことは長尾景春が反乱軍をまとめて、大きな勢力になっていないことだった。長尾景春の呼びかけに応えて、反旗を翻した勢力はいたるところにいたが、彼らがまとまって、軍を動かすことが無かったのである。中心となる長尾景春は鉢形城にあって、一気に山内上杉顕定を打ち破らんと上野戦に勢力を集中していた。そして、もっとも誤算であったのは景春が手を結んだはずの古河公方軍が上杉内部の紛争に静観していたことであった。

大田道灌はこの情勢に動き始める。大森の軍兵を加え、長尾景春方の溝呂木城(神奈川県厚木市)と小磯城(神奈川県大磯町)を速攻で攻略する。さらに、小机城などに籠る敵方の勢力を江戸城へ戻る道すがら、各個撃破して言ったのである。道灌のもとにせ参じた者も多くなり、降伏した兵を加えて、その勢力は前進するたびに大きくなっていった。

江戸城は無事であった。幾多の勢力が攻略を試みたようだが、それも本格的なものではなかった。江戸城に着いた道灌の当面の敵は石神井城を中心に、古くから強力な地盤を築いてきた豊島氏であった。豊島氏は平性秩父氏の一族で、平安時代からこの地を支配し、勢力を拡大してきた。その名残として今も多くの人が参詣する王子権現は豊島氏が紀州熊野権現を勧請したものである。それだけの経済力と人々を動員する力を持っていたのである。

道灌は大兵を動員できる今こそ、豊島氏を撃破するチャンスだと判断する。軍兵を率いて、豊島氏攻撃に向かう。豊島氏側も豊島泰経・泰明兄弟が江古田・沼袋原で、道灌軍を迎え撃つべく兵をかまえる。だが戦いはあっけなく決まる。兵の数が勝敗を決めた。道灌軍は江古田の戦で、豊島軍を完膚なきまでに叩き、撃破するのである。そして、道灌は攻める姿勢を崩さない。一気に豊島氏壊滅を目指して、そのまま石神井城を攻撃し、豊島氏を滅亡させるのである。この江古田の戦から豊島氏の滅亡の知らせは、武蔵の地の情勢を再び混とんとさせる。これまで景春に同調していた一部の勢力が大田道灌側に戻ってきたためである。長尾景春も上野だけに集中するわけにいかなくなった。

大田道灌は軍をまとめて、各地の情勢を分析する。山内上杉顕定も扇谷上杉定正も無事であった。二人は長尾軍の攻撃に上野の奥地へと逃れていたのである。だが、彼らが期待する越後軍は動かない。越後軍の主力が長尾景春を宗家とする守護代長尾氏の軍であったからである。大田道灌軍は豊島氏を壊滅させた勢いのままに、荒川の南を西に進む。大田道灌は上野国に向かい、さらに北上して塩売原で長尾景春と対陣する。この戦いは決着がつかなかったが、顕定・定正を救出することに成功する。顕定・定正は平井城にもどり、さらに文明9年(1477)5月13日に道灌軍が再び制圧した五十子の陣城に兵を入れ、態勢を整えることができたのである。

大田道灌は長尾景春が武蔵国榛沢(はんざわ)に出陣していることを利用する。兵を鉢形城と長尾軍の間にいれて、長尾軍の分断を図ったのである。長尾景春はあわてる。下手をすれば、兵の少ない今を狙って、道灌軍が鉢形城を攻略するかもしれない。
鉢形城に戻ろうとする景春勢と道灌の軍勢が、用土原の針谷で衝突する。用土原の合戦である。この戦いは道灌の圧倒的勝利に終わる。そして、この戦い以後、長尾軍は守勢に転じることになった。

大田道灌軍はさらに攻勢を強める。長尾景春の鉢形城攻撃のためである。しかし、ここで、太田道灌軍が止まる。それはこれまで動くことが無かった古河公方軍が大田道灌軍をけん制するために、武蔵に進出し。太田道灌軍の背後を窺う動きを見せたからである。

大田道灌は冷静に考える。「仮に古河公方軍が本格的に参戦してきたら、わが軍は身動きが取れなくなる。東からの敵にも備えなければならなくなる。そのうちに、山内上杉顕定様の五十子の陣が敗れるようなことになれば、長尾景春も息を吹き返すことになるだろう。う〜ん。」大田道灌は唸る。「解決策はあるか?」ここで道灌は小さく唸る。「なるかどうかは分からぬが働きかけだけはしてみよう。」

大田道灌は顕定・定正の陣屋に行くとこう切り出した。「今、わが軍は、西の長尾景春と東の古河公方軍の挟撃を受けています。この状況を打開し、景春を討つには、景春が古河公方と手を結んだように、わが軍も古河公方と和議を結ぶべきだと思います。」顕定にも、定正にも古河公方軍との長い戦にうんざりしていた。和議に異存はなかった。さらに顕定には家臣から受けた反逆への怨みの方が強かった。道灌は続ける。「古河公方との和議ともなれば、堀越公方様との関係もございます。顕定様から幕府に働きかけをしていただき、幕府に仲裁をお願いしていただきたいと願います。」

山内上杉顕定は幕府を動かす。幕府にとっても、この申し出はありがたいものであった。応仁の乱が勃発し、幕府の権威は地に落ちていた。これを挽回するためにも、関東の武者たちをまとめることは重要なことであった。幕府からの和議の要請に、古河公方、足利持氏の心は揺れた。この戦いの最初のつまずきは幕府が自分を朝敵にしたところから始まった。鎌倉公方である自分の地位をはく奪したところから始まったのだ。それを幕府の仲裁案によれば、元に戻すという。実際は相模や武蔵、さらに上野を支配する上杉家の領内、そして堀越公方の伊豆国には支配権は及ばないのだが、それは仕方のないことだ。現状を認める以外にない。ひとまず、自分の権威が元に戻ることに喜びがあった。

だが、この動きに反対する勢力があった。特に、下総の千葉孝胤は和議に強く反対した。「今は、対上杉戦において、絶好の好機である。敵は分裂し、戦いを繰り広げている。わが軍は漁夫の利を得る立場だ。敵が和議を求めてきたのも、戦況が苦しいからで、このような状況を逆に利用すべき時だ。」

大田道灌は敵の強硬派を黙らせなければ、和議は難しいと悟る。千葉氏の宗家は房総半島の下総にあったが、その分家筋で、宗家に追われて、武蔵に住み着いた一族がいた。率いるのは千葉自胤である。太田道灌はこの千葉自胤に、甥の太田資忠を付けて、下総に侵攻させる。古河公方軍の有力者である千葉氏と大田道灌軍がぶつかったのは境根原合戦である。ここで、大田道灌軍はその強さを見せつける。千葉孝胤軍を撃破し、さらに千葉氏の拠点である臼井城に迫る。臼井城攻防戦は熾烈を極める。太田資忠が戦死するなど、大田軍も大きな痛手を受けたが、臼井城は陥落し、千葉孝胤をこの地から放逐したのであった。

この千葉孝胤の敗退は古河公方軍の中にあった主戦派の力を弱める。古河公方持氏の和議に反対する勢力も声を落とさざるを得なくなった。「幕府の裁定に従うべきだ。その内容も悪いものではない。」

こうして、30年間にわたる享徳の乱は終わる。「都鄙合体(トヒガッタイ)」と呼ばれる和議である。この和議はあくまでも古河公方と上杉家との間の和議である。仲裁したのは幕府である。足利持氏の朝敵と言う汚名は除かれ、鎌倉公方の地位は元に戻される。ただ、その支配地の一部である伊豆国だけは名目上であってもその支配からは除かれる。そこには幕府が任命した堀越公方がいたからである。



トップページに戻る




Y-FP Office Japan by Idea21 Ltd.