享徳の乱


成氏起つ
応仁の乱の始まる少し前のことである。関東で一大事件が勃発する。享徳の乱である。応仁の乱が戦国時代の幕開けと言われるように、享徳の乱こそが関東の戦国時代の幕開けであった。これは享徳三年(1454年)に起こったので、その名がある。足利尊氏が京都で幕府を開き、関東には鎌倉公方が置かれる。鎌倉公方は当初の義詮はともかく、一般的には尊氏の四男基氏を初代として、代々律儀なほどに世襲が続く。2代の氏満、3代の満兼、4代の持氏となり、関東を統治してきた。その基盤は統治者の鎌倉公方を関東管領上杉家が支えるという構図であったのだが、やがて両者に軋みが生じ、対立が深まっていく。その最大の理由は鎌倉公方には、その上に京都の将軍がいたことである。京都の将軍は鎌倉公方に関東の統治をまかせてはいるが、鎌倉公方の独立は許さなかった。関東管領にはその目付的な意味もあったのである。ただ、鎌倉公方も足利家の人であり、常に将軍職についても関心を持ち続けた。だから、将軍に不満があれば、すぐに独立志向に走ったのである。また京都にも管領がいて、時には将軍といがみあうこともあり、その対立がすぐに関東の対立に跳ね返るという複雑な関係があったのである。そもそも関東管領職の任免権は京都の将軍にあった。だから、両者が対立した時には、管領が京の将軍に助けを求める。さらに言えば、将軍には鎌倉公方に勝る軍事力があった。関東には宇都宮氏など京都扶持衆と呼ばれる将軍と臣従を誓った強力な勢力が存在していたし、さらに関東周辺の守護、駿河の今川氏や信州の小笠原氏、越後の上杉氏、さらには東北の諸勢力などに命令して、紛争に介入させることができたのである。だから、応仁の乱が始まって、将軍に、そのような余裕もなくなる以前は、ほとんどが京都の将軍を味方した側が勝利したのであった。

室町幕府時代の関東は平安な時代はほとんどなかったと言っても良い。応永7年(1400年)には奥州の領土問題から伊達大膳太夫政宗が乱を起こす。この時に活躍したのが、犬懸上杉家の上杉氏憲(禅秀)であった。そして、この功績が認められて、関東管領職に任じられた。しかし、管領職を失った山内上杉家は不満が高まる。山内上杉家一族は上野から越後に渡る広大な支配地を持ち、強大さでは他の上杉家を凌駕していたのである。この不満があちこちで軋轢を生み、山内上杉家の上杉憲基と上杉氏憲(禅秀)の対立が4代足利持氏と上杉氏憲(禅秀)の対立となり、ついに氏憲(禅秀)は更迭されることになる。もちろん後任の関東管領には上杉憲基が就いた。だが更迭された上杉氏憲(禅秀)が面白いはずは無い。対立は先鋭化し、ついに氏憲(禅秀)が反乱を起こすことになる。挙兵した氏憲(禅秀)は持氏を駿河に、憲基を越後に追放し、一時期、鎌倉をその支配下に治めたのである。だが、幕府の後ろ盾もないままに起こした反乱は幕府側の反撃を受けることになる。将軍足利義持が持氏を支持し、駿河の今川憲政、さらに憲基の伯父越後の上杉房方らに鎌倉攻めを命じたのである。こうして、この乱を鎮圧される。この結果、関東での犬懸上杉家の勢力は弱体化し、代わって山内上杉家の力がさらに強まり、これ以後関東管領職は事実上、山内上杉家が独占することになる。

こうして、助け合ったり助けたりする中の京都の将軍と鎌倉公方だが、対立もまた根深い。特に鎌倉公方持氏にとって、京都扶持衆は目障りな存在であった。鎌倉公方の関東支配には邪魔であったからである。京都扶持衆の中には鎌倉公方の命令に従わないものまで現れたのである。そのような中で、持氏が京都扶持衆の小栗光重や宇都宮持綱などを攻撃する事件が起きた。扶持衆は当然ながら幕府に救援を求める。そして、ついに幕府も鎌倉公方討伐軍を起こすことを決断する。ただ、この時には、持氏が将軍に謝罪して、一旦はことが収まるのだが、関東の完全支配を目指す鎌倉公方と関東を含めての全国支配だと考える京都の将軍家の間で、火種は尽きることが無かったのである。

対立が本格化したのは京都の5代将軍足利義量が在位わずか2年の短さで病死したことから始まる。当初は前将軍の足利義持が代理していたが、その義持も正長元年(1428年)に他界し、将軍職が空位になったのである。当然、鎌倉公方持氏は将軍になることを望んだ。しかも彼は義持と猶子関係にあったのである。当然自分が次期将軍であると思っていた。「前将軍が自分を後継者だと認めていたではないか。」という主張である。ところが事態は思わぬ方向に動く。管領の畠山満家らの協議で、義持の4人の兄弟でくじ引きをし、将軍を決めようということになった。そして、その結果が天台座主義円が還俗して、足利義教として将軍になったのである。

「還俗将軍め。」と持氏は憎々しく義教をそう呼んだ。持氏が面白いはずがない。ことごとく将軍に反抗するようになる。それを懸命に抑えようとする関東管領上杉憲実とも対立が深まる。ついに永享10年(1438年)持氏の嫡子の元服式に、憲実は出席せず、領国の上野に無断で帰ってしまったのである。これを自分に対する反逆であるとした持氏は兵を率いて、山内上杉家討伐に向かった。これに対して、上杉憲実も将軍義教に救援を求める。将軍義教も日頃から自分にたてつく憎い相手である。直ちに足利満直や今川範忠などを関東に向かわせたのである。戦いは圧倒的な軍事力の幕府軍の勝利となり、さらに鎌倉公方方の兵の裏切りなども重なって、持氏側の大敗北となり、事実上、持氏は降伏し、嫡男の義家とともに鎌倉の永楽時に蟄居することになった。この間、関東管領の上杉憲実は将軍に対し、持氏の助命と義家の鎌倉公方就任を懇願したのだが、将軍義教はこれを許さなかった。あくまでも憲実に対して、父子を討ち果たせと厳命した。こうしていわゆる永享の乱が終息するのである。もちろん結果が悲惨なものであっただけにこれに不満とする武士団も多かった。特に、常陸を拠点とする結城氏は持氏の遺児を担ぎ蜂起する。戦いは結城氏が敗れるのだが、その後も不満はくすぶり続けることになるのである。特に公方を守ることもせずに京都の将軍に支援を求めた上杉氏に対する怒りも強かったのである。

持氏の死により、しばらく関東に鎌倉公方不在の時代が起こった。だが結城合戦の余震の静まらない嘉吉元年(1441年)将軍足利義教が暗殺されてしまう。嘉吉の乱である。それは将軍義教への結城合戦勝利の祝勝会の宴の最中の出来事であった。鎌倉公方に激しい態度をとる将軍の死で事は急展開する。幕府も関東諸将の動揺を抑えるために鎌倉公方は必要と考えた。持氏の子で、信濃佐久に逃れていた永寿王を元服させ、成氏とし、鎌倉公方に祭り上げたのである。まだ5歳ほどの年齢であった。ただ、子供とはいえ、親兄弟を死に追いやった上杉家への怨みは深い。当然、自分の周りには、父や兄を助けた縁戚衆や小山、結城、里見氏などで固めていくことになる。

上杉氏も敏感に、この情勢は理解する。管領の上杉憲実は引退し、代わって、子の憲忠を管領職に据えたのである。しかし、公方の不信は強く。対立は管領側の怒りも誘った。山内上杉氏の家宰長尾景仲と扇谷上杉家の家宰太田資清による公方襲撃事件も起こったのである。この事件で一時期成氏は江の島に逃れる。戦いは公方に忠誠を誓う勢力の奮戦や幕府の仲介などにより終息する。

だが、鎌倉に戻った成氏の危機感は高まる。景仲や資清の罪は曖昧のままである。「許せん。」こうして、享徳の乱が始まるのであった。享徳三年(1454年)12月27日、成氏は18歳になっていた。彼は管領の上杉憲忠以下、主従22名を西御門邸に招き、結城、里見の兵により全員を切り殺してしまったのである。これは幕府の裁定を無視したやり方であった。成氏に好意的であった京都の管領も畠山持国から上杉に近い細川勝元に代わっていた。その中での鎌倉公方の蜂起であった。成氏は撤退する長尾景仲と太田資清の軍を追い、分倍河原の戦いで勝利する。さらに、古河に入り、ここを拠点として、上杉軍の籠る常陸小栗城も攻め落とすほどの勢威を見せたのであった。成氏はこのときまだ鎌倉公方であった。山内上杉家の拠点、上野平井城攻めが終われば、再び鎌倉に戻るつもりであった。そして、その日は、そう遠くない日であるように思えた。



トップページに戻る




Y-FP Office Japan by Idea21 Ltd.